異世界の詩

見習い詩人のエオルゼア冒険記ブログ

母と娘

「ミンフィリア。君の探し人を連れてきたよ」

フ・ラミンさんを連れた私達は、砂の家に戻ると、真っ直ぐにミンフィリアさんの執務室へと入った。
そして、開口一番、アルフィノくんは、そう言い放つと、驚きの表情を浮かべるミンフィリアさんに、後ろに控えていたラミンさんを示したのだった。

「…まさか、ラミン!?」

一瞬、戸惑いを見せたミンフィリアさんの瞳が、瞬く間に潤み始める。

「アシリア…」

口元を抑え、茫然としてるミンフィリアさんの本名を呼びかけながら、ラミンさんは、彼女にやさしく手を差し伸ばす。
やがて、二人は、これまでの想いをぶつけるかのように、強く抱擁を交わしたのだった。

 

「いままで、いったいどこに……ずっと探していたのよ」

少し落ち着いたミンフィリアさんは、フ・ラミンさんに今までどうしていたのかを聞いていた。
どうやらラミンさんは、第七霊災の後、帝国に追われていたらしく、身を潜めながら各地を転々としていたらしい。

「……本当に心配してたんだから」

そう言いながら、目じりの涙を払うミンフィリアさんに、ラミンさんは小瓶を取り出しながら、それを彼女に手渡した。

「もうすぐ、私たちが出会った記念日。だから、これを渡しに来たのよ」

それは、淡い色をした香水の入った小瓶。
ミンフィリアさんが好きだというこの香水こそ、ラミンさんが危険を冒してまで花を摘み、準備していたプレゼントだった。

「これはセルセトの香水……わたしがこの香りを好きだったの、覚えていてくれたんだ」

「うふふ、今も付けているものね。冒険者さんから、わずかにうつり香がしたの」

そういって、ラミンさんが微笑む。

そうか。ミンフィリアさんがいつも付けている香水は、セルセトの香水っていうんだ…。
そして、それは、2人にとっても思い入れのあるものだったみたい。

「それに、これ」

香水の小瓶と共に、フ・ラミンさんは小さな石をミンフィリアさんに手渡した。
それを見て、ミンフィリアさんは更に相好を崩した。

「これは……猫目石……まだ持っててくれたんだ」

それは、ウルダハで孤児となったミンフィリアさんに、ラミンさんが生きる術として覚えさせた、採掘師として初めて掘り出した原石なのだという。
それを、ミンフィリアさんは、それまでのお礼を込めて、ラミンさんに贈ったのだそうだ。

「だからこそ、あなたに持っていてほしいの。真の平和に向かって新たに歩みだした、あなたに」
「…数年ぶりにあなたを見て、改めて実感したわ。あなたは、かつて私たちができなかったことを成し遂げようとしている」

そう言って、フ・ラミンさんは、猫目石を載せるミンフィリアさんの掌を、そっと両手で包み込んだ。

「私の母としての役目は終わったのね。アシリア……あなたはもう、立派に独立した女性よ」

そう言いながら、優しい笑顔を向けるフ・ラミンさんの顔をしばらく見つめ返した後、ミンフィリアさんは頷き、私達の方へと向き直った。

 

「……アルフィノ。暁の本部移転計画を進めましょう。ラミンが言ってくれたとおりだわ。わたしたちは、中立の立場でエオルゼアを救済し続ける……わたしたちにしかできないことをしましょう」

そうして、砂の家の移転計画は、本格的にスタートしたのだった。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。