異世界の詩

見習い詩人のエオルゼア冒険記ブログ

小瓶に託されたもの

「……うん?」 それは、レインキャッチャー樹林で伐採を行っていた時の事だった。 木のうろの中に、なにか光るものを見つけた私は、そこに顔を近づけて、覗きこんでみた。 そこにあったのは、小さなガラス瓶だった。 好奇心に誘われ […]

エッグハント(後編)

「なんか、想像してたのよりも全然おっきい……」 ノノッタちゃんが用意したという、エッグシステムと呼ばれるそれは、見た目は確かに可愛かったものの、かなりのサイズのものだった。 加えて、羽も気球もついていないのに、空中に静か […]

エッグハント(前編)

「……なんだろう、これ?」 ある日、グリダニアに訪れた私は、見慣れない装飾で、街が飾り付けられているのを見つけた。 街のあちこちに鮮やかな色で染め上げられた卵が置かれ、壁や柱には、卵を意匠したと思われるモールがぶら下がっ […]

お知らせ

いつも当ブログをご覧頂き、ありがとうございます! 11月から冒険を始めて約4か月。 やっと、メインクエストをクリアすることが出来ました!!(^▽^)/ といっても、まだ、2.0をクリアしたのみで、まだまだ先は長いのですけ […]

冒険者の本分

「……うにゃ~」 暖かい日差しに心地よい眠気を感じた私は、その誘惑に抵抗することなく横になった。 横になった風景を眺めながら、遠くで囀る鳥の声に耳を傾ける。 ここは、外地ラノシアにあるニーム浮遊遺跡。 第五星暦時代に、こ […]

ただいま

アシエン・ラハブレアを退ける事が出来た私は、幻視の世界から、現実の世界へと戻ってきていた。 側には、闇のクリスタルが砕け散り、ラハブレアの支配から解放されたサンクレッドさんの姿もある。 「さて。どうしよう」 私は、周囲の […]