異世界の詩

見習い詩人のエオルゼア冒険記ブログ

ハッピーヴァレンティオン!!

「うーん……どれがいいかなぁ……」

その日、私は朝から、グリダニアの黒檀・紫檀商店街のマーケットボードとにらめっこをしていた。

「これは……ちょっと違うなー……こっちは、ちょっと予算オーバーだし……」

今、街はヴァレンティオンデーで賑わっている。
先日、そのヴァレンティオンでの気持ちの伝え方を教えてもらったのだけど、その方法は、相手が目の前に居なければ伝えられない。
普段、冒険稼業で忙しいフレンドさんに、感謝の気持ちを伝えるにはどうしたら良いだろうと考えていたところ、ちょっとした情報を得た。
なんでも、一部の地域では、ヴァレンティオンデーの期間中、スイーツを贈る風習があるらしい。

それを知った私は、スイーツを手に入れるため、商店街に来ていたのだった。
本当は、自分で手作りしたものを贈れれば良かったのだけれど、残念ながら、調理師としての修行をしていない私には、お菓子作りは無理なのよね……。

「……よし。これにしよう」

どのぐらい、にらめっこしていただろう。
良さげなものを見つけた私は、それを買い込むと、ミィ・ケット音楽堂へと向かったのだった。

 

「レターモーグリさん、配達をお願いします!」

そして、喜んでもらえると良いなと願いを込めながら、手に入れたスイーツにひと言メッセージを添えて、モーグリさんに届けて貰える様にお願いしたのだった。
来年は、手作りのスイーツを贈れる様に頑張らなきゃ……!!

2 Responses to “ハッピーヴァレンティオン!!”

  1. (´・ω・`)らんらん より:

    (´・ω・`)らんらんもイーディスたんからチョコ欲しいよー。

    (´・ω・`)お返しにハウジングS宅をプレゼントするよー。

    1. イーディス より:

      えええ!?
      そんな高いもの受け取れません! アタヽ(д`ヽ彡ノ´д)ノフタ

      でも、チョコはあげますよ~(^▽^)/

Leave a Reply

Your email address will not be published.

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。