異世界の詩

見習い詩人のエオルゼア冒険記ブログ

特別な晩餐

「さあ宴だ! 踊り子たちの準備はいいな? 久方ぶりの、蛮神タイタン討伐を送り出す宴だ!!」

ヴェイスケートさんの言葉で、私達を送り出す宴が始まった。
コスタ・デル・ソルの輝く太陽の下、ゲゲルジュさんお抱えの、美しい踊り子さんが場を華やかせ、飾られた美しい花々が、さらに場を彩る。
青い空と碧い海を望める食卓には、ディルストヴェイツさんの調理した、料理の数々が並んでいた。

「さあ、お前のおかげで用意できた特別な晩餐だ! 存分に味わってくれよ!」

席に着いた私に、ディルストヴェイツさんが、そう言って、料理を楽しむように促してきた。

「それじゃ…いただきます!」

私はそういうと、目の前にある豪華な料理に、手を伸ばしたのだった。

 

「まずは、前菜から…」

前菜は、アダマンタスの大卵を使った、季節の野菜の包み焼だった。
その濃厚な卵の味は、鶏卵とは比べ物にならないほど、ずっしりと重いものだったけれど、それを新鮮な野菜の甘みと爽やかさが軽くしてくれている。
添えられたソースを付けて食べると、さらに別の風味も楽しめて、全然飽きが来ない感じだった。

次に手を伸ばしたのは、ゴブリンチーズのニョッキだった。
ハーブを混ぜたチーズソースは、その独特の臭みを和らげていて、コクだけを上手に残している。
ふわっと茹で上げられたニョッキに、そのチーズソースを絡めると、より、その旨味が引き立てられている様だった。

「……」

私は、チラリとバッカスの酒に目を向けた。
お酒か…飲んだことないけれど…折角だし…。

ちびり。

「!!」

初めて口にしたお酒の味は、今までに感じたことの無い衝撃を、体に走らせた。
上手く表現できないのだけど、ブドウの芳醇な香りが鼻腔を擽りながら、柔らかい舌ざわりのワインが喉に落ちていく。
ブドウの甘みを強く残したその味は、気持ちをも蕩けさせる様な感じがして、僅かに残る渋みが、また次の一口を求めさせる様だった。

「美味しい!!」

私がお酒を飲んだなんて知ったら、お父さんどんな顔するかな……そんな事を想いながら、私はその味を楽しんだのだった。

そして、メインディッシュ、ラムトンウォームの燻製肉のステーキに手を伸ばす。
その肉質はとても柔らかく、噛みしめるたびに溢れ出る肉汁は、甘みを感じるほどに濃厚だった。
アルドゴートやバッファローの肉の様に、筋張った個所はまるでなく、あっという間に溶けて消える様に無くなっていく。

すっかりその味に魅了された私は、夢中で、それを口に運び続けたのだった。

 

「ふぅ…お腹いっぱい…」

三大珍味と、最高のワインを楽しんだ私は、いっぱいになったお腹に手を宛てながら、満たされた充実感に身を委ねていた。

「楽しめたかしら?」

腹ごなしに、コスタ・デル・ソルのデッキを散歩していると、ヤ・シュトラさんが声をかけて来た。
ほんのりと頬に赤みがさしている気がするのは、バッカスの酒によるものだろうか。

「まったく、ヴェイスケートたちも人が悪いわ。でもこれで、タイタンに挑む方法を聞けそうね」
「もちろん、五傑衆が承認を出したんだ、約束どおり、蛮神タイタンのもとへ行く方法を教えよう」

ヤ・シュトラさんの言葉に続くように、ヴェイスケートさんが言葉をかけながら姿を現した。

「蛮神タイタンのいる、オ・ゴモロ山の火口に乗り込むには、「ある物」を探さなきゃいけねぇ。だが安心しな、俺の元部下が調査にあたっている」

そういって、ヴェイスケートさんは、高地ラノシアにある、キャンプ・ブロンズレイクへと向かうように指示してきた。
そこで、リオルさんという人が、待っているらしい。

私達は、ヴェイスケートさん達にお礼を告げると、ブロンズレイクへと向かったのだった。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。