異世界の詩

見習い詩人のエオルゼア冒険記ブログ

託された英雄譚

「……おつかれさま。そろそろ合流した方がいいと思ってね。頑張ってくれたあなたに、感謝しないとね」

コスタ・デル・ソルに戻ると、暫く別行動をしていた、ヤ・シュトラさんが居た。
どうやら、私が戻ってくるのを待っていてくれたみたい。

「よう、帰ってきたか。最高のワインは、手に入ったのか?」

そこへ、ヴェイスケートさんが声をかけてきた。
私は、カバンからバッカスの酒を取り出すと、ヴェイスケートさんに手渡したのだった。

「……こいつはバッカスの酒か!? とんだお宝を手に入れたもんだ!」

そのワインのラベルを見るなり、驚愕の声を上げるヴェイスケートさん。
その様子を見るに、充分、期待に応えられるものを用意できたみたいで、私は、ほっと胸をなで下ろすことが出来たのだった。

 

その後、最後の仕上げと、調理担当のディルストヴェイツを手伝って、晩餐の準備を整えた。
特別な晩餐の準備が、全て整ったことを確認すると、ヴェイスケートさんは、近くに来ている、「美人の女学者」さんに声をかけてこいと、私に告げた。

美人の女学者さん……あれ? もしかして……。

「ええ、お探しの女学者は私よ。あなたもひどい目に遭ったわね……何がって、この宴の準備よ! この宴で、歓待されるべき主役なのだというのに、準備をいちから手伝わされていたの」

え? え?

「ひぇぇぇ!! どうか許してほしいんじゃよ〜〜! すすす、すみませんっしたぁぁぁぁぁ!! せっせと働いてたもんじゃから、新しい使用人かとぉぉ! このとおりじゃぁぁ!」

その時、遠くから声が聞こえたかと思うと、一人のララフェル族が、走りこんできたかと思うと、その勢いのまま、土下座しながら、滑り込んできた。
見れば、このコスタ・デル・ソルの地主さんである、ゲゲルジュさんだった。

つまり、特別な晩餐は、私とヤ・シュトラさんのための宴で、その準備を、自ら手伝わされていた…という事みたい。
あれ? 海雄旅団の試練なんじゃなかったの?

 

「何とぼけたツラしてやがる。主役がそれじゃ、宴も盛り上がらんだろう」

その時、ヴェイスケートさんが声をかけてきた。
振り向けば、そこにはランドゥネルさん、ウさん、ブレイフロクスさん、シャマニさんの姿も見える。

「招待状をありがとう、海雄旅団の元副団⻑さん……でも、盛り上がれというならば、まずは本人への説明が先ではないかしら?」

ヴェイスケートさんの言葉に、ヤ・シュトラさんが、言葉を返す。

「そうだな、お前には説明しておかねばなるまい」

そういって、ヴェイスケートさんは、今回の事についての説明を始めた。

かつて、海雄旅団には、一つの取り決めがあったという。
それは、仲間の命を悪戯に犠牲にしないための鉄の掟。
団長が選出した、5人の団員。
すなわち、五傑衆の承認なく、蛮神に挑むことは許されないというものだった。

今回も、その、鉄の掟に従って、「度胸」「技」「機転」「心」そして、「力」を、ヴェイスケートさんさん達、5人で、宴の準備という名目で、試練を課しながら見極めたという事だった。

「それで、結果はどうだったのかしら?」

ヴェイスケートさんの説明を聞いていたヤ・シュトラさんが、突っ込みを入れてくる。
その言葉を聞いて、ヴェイスケートさんを始め、五傑衆のみんながニヤリと笑みを浮かべる。

「当然、合格だ。すべての試練をこなしたんだからな」

そして、改めて、全員が、私に向き直る。

「イーディス。海雄旅団は、お前のタイタン討伐に全面的に協力しよう。俺たちの英雄譚を、お前に託す」

その言葉に、私は、胸を熱くするのだった。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。