異世界の詩

見習い詩人のエオルゼア冒険記ブログ

シド・ガーロンドの記憶

グリダニアから飛び立って、暫くした頃。
シドさんは、操舵輪を握りながら、感慨深げにしている様だった。
そして、いつも付けているゴーグルを外すと、それを見つめていた。

「ッ!?」

その時、なにか痛みを感じたかのように顔を顰めたシドさんは、おもむろに私の方を見て来た。

「……そうだ……俺は、かつてこの船で……エンタープライズで……大空を駆けていた。お前たちのような、勇敢な冒険者を乗せて……」

シドさん、記憶が…?

そう思ったのも束の間、さらに何か痛みを感じる様に頭を抱えるシドさん。
私は、その様子に手を差し伸べようとしたところで、再び、過去視の感覚がやって来た。

やがて、私の意識は、シドさんの記憶の中へと飛んでいったのだった。

 

それは、今までの様な、過去にあった出来事を見るものとは違い、シドさんの失われた記憶をなぞる様なものだった。
ガレマール帝国で生まれたシドさんが目指したもの。
失ったもの。
そして、決意したものを、シドさんが思い出す様子を見ることが出来た。

ただ、その中で、とても不思議な現象が起きた。
シドさんの過去の記憶の中に、私が姿を現し、彼にゴーグルを手渡したのだ。

確か、ミンフィリアさんが言うには、過去視はみる事が出来るだけで、そこに何かしらの影響を与えることは出来ないと言っていたはず。
だけど、明らかに過去視の中の私は、シドさんにゴーグルを与え、エオルゼアに渡って来たシドさんの決意に影響を及ぼしていた。

これが、一体なにを意味するのか、私には判らなかったけれど、もしかしたら、ミンフィリアさんの知っている越える力と、私の超える力は違うものなのかもしれない。

 

やがて過去視から意識を取り戻すと、シドさんが私の事を見つめているのに気が付いた。

「忘れていたぜ。この風を……この空を……さっき感じた光……あれは、お前なんだろ。ありがとよ」

そう言って、シドさんは私に笑いかけてくる。
その言葉に、私は、やっぱり、いつもの過去視とは違う事を確信した。

「生粋の帝国人……ガレアン族はな、額に第三の眼なんてのを持ってんだ。そのためかね。なんとなくわかるんだよ、感覚的にだけどな」

もしかしたら、ガレアン族であるシドさんが相手だったからの、例外的な過去視だったのかもしれない。
詳しい事は解らないけれど、ウリエンジェさん辺りが聞いたら、興味深げにしそうだな、なんて事を思ったのだった。

 

「このエンタープライズは、お前たちのような英雄を、戦場に送るための船だ! 俺は、この船の主であることを、この船で飛べることを誇りに思うぜ!」

そう、宣言するように声を上げるシドさん。

「シド……? まさか記憶が!?」

その声に、アルフィノくんが驚きの声を上げる。
シドさんは、面倒をかけたと、彼に頭を下げた後、改めて操舵輪を握りなおした。

「俺の名は、シド! ガーロンド・アイアンワークスの代表、シド・ガーロンドだ! 行くぜ! 蛮神ガルーダをぶっ飛ばしによ!」

そう言って、一気にエンタープライズの出力を上げるシドさん。
エンタープライズも、本当の自分の主人が帰ってきたことを喜ぶように、青燐機関の唸りを高らかに響かせたのだった。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。