異世界の詩

見習い詩人のエオルゼア冒険記ブログ

大脱出!!

「いたぞ、侵入者だ!包囲しろ!」

物資保管塔から出た私達を見つけた警備兵が、鋭い声を浴びせて来た。
結構な数の兵がこちらに向かってきているのが見えた。

「これ以上、我慢ならないッス! タタルさんは、オイラが守ってみせるッス!! ……ビッグス、あとのことは任せたッス!」

その時、魔導アーマーを操縦していたウェッジさんが怒りの声を上げた。
そして止める間もなく、警備兵に突撃して行ってしまったのだった。

「待て、ウェッジ! やめろぉぉぉ!」

慌てて、ピックスさんが制止の声を上げたけれど、その声は、ウェッジさんに届く前に、分厚い鉄のゲートの閉じる重い音に掻き消されてしまった。
さらに、向こう側でウェッジさんが操作したのか、ゲートロックされてしまい、追いかける事も出来なかった。

「くっそ……!」

そう呟きながら、拳をゲートに叩きつけるピックスさん。
しかし、なんとかしようと考える間もなく、魔導兵器が姿を現し、襲い掛かって来たのだった。

「ミンフィリアさんたちはオレが守る! あいつらを食い止めてくれ!」

そういうピックスさんに、ミンフィリアさんとタタルさんを任せ、私達は、魔導兵器を排除するべく戦闘を開始したのだった。

 

「く……!」

それから、幾度となく押し寄せる帝国兵を退け、魔導兵器を破壊し続けた私達だったけれど、やはり数に圧され、徐々に追い詰められていってしまった。
崖を背にした私達に逃げ場はない。

「金髪の女以外は殺しても構わん!」

そう言って、取り囲む帝国兵の百人隊長が手を上げると、一斉に銃口が私達に向けられた。
せめて、ミンフィリアさんの盾になろうと、私は彼女を庇う様に、一歩前へと進み出て、帝国兵を睨み付ける。

「てぇ!」

百人隊長が手を振り下ろすと同時に、一斉に火を噴く銃口。

しかし、その刹那、滑り込むように走って来たヤ・シュトラさんによって、その銃弾は、全て弾かれたのだった。

「ヤ・シュトラ!」

ミンフィリアさんの嬉しそうな声を背中に受けて、ヤ・シュトラさんが笑みを浮かべる。

「パパリモ! ミンフィリア!」

そして、取り囲む帝国兵を薙ぎ倒しながら、イダさんも姿を現した。
「遅いぞ!」なんて、パパリモさんが憎まれ口を叩いているけど、その表情は、やっぱり嬉しそうだ。

形勢逆転とまではいかないけれど、こちらに増援が現れた事で、帝国兵たちは戸惑っているみたいだった。
もっとも、こちら側も、この数を相手に戦うのは流石にリスクが高いし、下手には動けないのだけど……。

「ひぃ、ひぃ、ひぃ、ひぃ…………ひぃぃ……ひぃぃ……」

その時、ウェッジさんが駆け込んできた。
どうやら、魔導アーマーを囮にして、包囲を抜け出て来たみたい。
私は、彼の無事に安堵したけれど、ピックスさんは魔導アーマーを置いてきた事を責めている様だった。

 

『俺だ……シドだ……。聞こえ……るか……!? 5つ数えたら……そこから……飛び降りろ! いいな!」

その時、リンクパールから、シドさんの声が聞こえて来た。
みんなも聞こえていた様で、お互いに顔を見合わせながら頷き合い、誰とも無くカウントダウンを開始する。

「5……」
「4っ!」
「3!」
「2ッ!」
「今ッ!!」

そして掛け声と共に、私達は、崖下へと身を躍らせたのだった。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。