異世界の詩

見習い詩人のエオルゼア冒険記ブログ

小さな勇者の帰還

「アナタ! 仮宿へようこそでふっち! ノラクシアも元気なのでふっち?」

東部森林にある、シルフの仮宿に姿を現した私を、コムシオちゃんが大喜びで歓迎してくれた。
そして、同時に、共に暁でがんばっている筈の、ノラクシアちゃんの様子を聞いてきたのだった。

「……ごめんなさい……ノラクシアちゃんは……」

その問いに、私は言い淀みながら、抱えて来た大きな籠を、コムシオちゃんの前に差し出した。
籠に掛けられていた布を外すと、そこには、花びらを敷き詰めた中に、ノラクシアちゃんの遺体があった。

「……ふえ?……ノラクシアなので……ふっち!? どどど、どういうことなのでふっち!? ななな、なんなのでふっち!?」

それを目にして、酷く動揺するコムシオちゃん。

「コムシオ、何事なのでぶっち? んもう、さわがちいのでぶっち」

その時、騒ぎを聞きつけて、フリクシオ長ちゃまが姿を現した。
私は、詳しい説明を求める長ちゃまに、何があったのかを話し始めたのだった。

 

「……そうだったのでぶっち……ノラクシアは逝ってしまったのでぶっちか……」
「ノラクシア……」

そういって、涙を落とす長ちゃまと、コムシオちゃん。
私は、そんな二人にかける言葉を見つけることが出来ず、ただ、黙って俯くことしか出来ないでいたのだった。

「ノラクシアに砂の家へ行くのを奨めたのは、ワチシなのでぶっち……暁の方々や冒険者どのに、責任はないのでぶっち」
「冒険者どの……ノラクシアは、最後まで立派だったのでぶっち?」

少し落ち着いた長ちゃまが、私にノラクシアちゃんの最後を聞いてきた。
私は、ノラクシアちゃんが、最後まで、立派に戦ったことを伝えた。

「……よかったのでぶっち。きっとノラクシアも、お役に立てて喜んでいるのでぶっち」

そういって、長ちゃまは、私に礼を告げ、ノラクシアちゃんは、仮宿で弔う事を約束してくれたのだった。

「アナタ、いつか「テイコク」と戦う時がきたら、シルフ族はチカラを貸すのでふっち。ノラクシアの想いは、シルフ族みんなで紡ぐのでふっち!」

想いを紡ぐ…。

長ちゃまの隣で、怒りに震えるコムシオちゃんの言葉に、私は改めて、立ち止まることは出来ないと、決意を新たにしたのだった。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。